チャップアップのサプリは本当に効くのか?

チャップアップサプリの内容成分と効果を分析


本日は最近話題のチャップアップのサプリについて解説していきたいと思います。
薄毛や抜け毛でお悩みの男性であれば、最近巷で話題のチャップアップサプリをご存知の方は多いことでしょう。

チャップアップサプリは健康食品や医薬部外品の販売をしている株式会社ソーシャルテックが製造・販売をしている、薄毛に悩む人の発毛や育毛を目的としたサプリメントです。
ちなみに株式会社ソーシャルテックの商品で1番有名なものといえば育毛剤のチャップアップ、日本臨床医学発毛協会からも推薦されている効果の高い育毛剤ですね。

育毛剤チャップアップの詳細はこちら


その育毛剤のサプリメントバージョンとして開発されたのがチャップアップサプリです。
実績や歴史は十分とも言えるチャップアップサプリですが、実際そのチャップアップサプリはどの程度の効果が期待できるのでしょう。

薄毛治療クリニックで勤務経験のあるわたしの見解としては、チャップアップサプリでハゲが完全に改善されるとか、太く強い毛の新たな発毛というのは難しいかなという印象です。
それは決してチャップアップサプリに限ったことではなく、あらゆる育毛剤や育毛サプリにも言えることです。

育毛剤にしてもチャップアップサプリにしてもやはり医薬部外品になりますから、高いお金を払う薄毛治療クリニックのような分かりやすい効果というのは難しいように思います。
医薬部外品は医薬品に比べて配合できる成分の制限が多いですから、どうしても使えない薄毛有効成分があるからです。

それではチャップアップサプリが意味がないのかと言ったらそれはまた別のお話で、薄毛の初期治療や抜け毛予防では推薦できるサプリだと考えています。
チャップアップサプリには別名脱毛ホルモンとも呼ばれる体内リダクターゼを抑制してくれる働きがあります。

これは育毛を目的としたサプリとしては非常に画期的で、抜け毛や薄毛の進行を抑える効果は大いに期待できると言えます。
髪の毛が細く柔らかくなってきたとか、つむじが薄くなってきたなどの初期段階の薄毛であればチャップアップサプリはお勧めです。

しかしある程度ハゲが進行してしまっていて、それを改善したいということであればチャップアップサプリではなく、やはり医薬品を取り扱うことができる薄毛治療クリニックでないと難しいように思います。

しかし薄毛治療クリニックは皆さんご存知の通りかなり高額にはなりますから、ちょっとハゲてきたぞという段階であればチャップアップサプリや育毛剤を試してみるのもいいと思います。
実際にそれでハゲや薄毛が改善されたという方がいらっしゃるのも事実です。

育毛用サプリであれば巷の噂や日本臨床医学発毛協会の評価の通り、チャップアップサプリは非常に優れたサプリです。
ノコギリヤシや亜鉛酵母、さらにはフィーバーフューが配合されている育毛サプリというのは少ないですから、チャップアップサプリは試してみる価値が十分にある育毛サプリだと言えます。

チャップアップサプリ公式サイトはこちら




チャップアップサプリの成分解説



チャップアップサプリには18種類の育毛有効成分が含まれていますが、その中でも注目したいのはノコギリヤシと亜鉛酵母、そしてフィーバーフューになります。


亜鉛酵母

亜鉛酵母は注目の成分とは言っても、これはチャップアップサプリでなくても配合されていることが多く、むしろ育毛サプリには必ず欲しい成分です。
チャップアップサプリに含まれている亜鉛酵母には二つの働きがありますが、まず一つはたんぱく質から髪の毛の主成分であるケラチンタンパクを生成するという働きです。

髪の毛が太く強く伸びるためには亜鉛は必須の栄養素となりますが、現代人の多くはこの亜鉛が不足しています。
チャップアップサプリのようなサプリメントで亜鉛を補ってあげることで、髪の毛の成長に必要な栄養素を補うことができます。

そしてチャップアップサプリの亜鉛酵母が担うもう一つの役割は、体内にある5αリダクターゼという酵素の阻害です。
5αリダクターゼは体内の男性ホルモンと反応することで、脱毛を引き起こします。
この5αリダクターゼの活動を阻止することは、直接的な抜け毛防止へと繋がるので非常に効果があります。


ノコギリヤシ



チャップアップサプリには5αリダクターゼと男性ホルモンの反応を阻止してくれるもう一つの成分が含まれていますが、それがノコギリヤシから抽出されるエキスです。
チャップアップサプリが他の育毛サプリに比べて人気が高く、薄毛への効果が高いと言われる理由は、おそらくこのノコギリヤシエキスが配合されているからと思われます。

チャップアップサプリに含まれるノコギリヤシエキスは亜鉛酵母のように抜け毛を防止してくれますが、その効果は亜鉛酵母の何倍にもなります。
このノコギリヤシエキスが配合されているということが、チャップアップサプリの脱毛防止効果をかなり高めてくれていると考えられます。


フィーバーフュー

最後にもう一つのチャップアップサプリの注目成分であるフィーバーフューですが、これは菊の一種から抽出される植物エキスになり、頭皮の炎症を抑えてヘアサイクルを正常に保つ効果があります。
薄毛が進行するにつれてヘアサイクルは短くなっていき、髪の毛が抜け落ちやすくなってしまうので、このヘアサイクルを一定に保つことは非常に重要になります。

チャップアップに含まれているフィーバーフューが脱毛症に効果的であるということは、日本抗加齢学会でも発表された事実です。
これら3つの育毛有効成分が配合されているというのは育毛サプリとしては非常に期待できるので、チャップアップサプリは期待のできる優秀なサプリメントだと考えられるわけです。

チャップアップサプリ公式サイトはこちら




チャップアップサプリの副作用

チャップアップサプリだけの話ではなく、あらゆる育毛や発毛にはいつの時代も副作用の問題が付いて回ります。
最も酷い副作用で言えば植毛になりますが、植毛は体が毛髪に対して拒絶反応を起こすので、薄毛治療の副作用としては最高レベルになります。

また、一見すれば副作用とは無縁そうなリアップなどの発毛剤や、サクセス薬用毛髪活性であっても副作用の心配はあります。
たいていの発毛剤やトニックは毛細血管を拡張することを目的としていますから、激しい動悸を引き起こしたり低血圧症などの副作用が報告されています。

そのくらいの副作用ならまだ大きな問題ではありませんが、男性の勃起不全や妊婦の胎児への影響が報告されているものもあるので、薄毛治療はそれなりの覚悟が必要にもなります。

しかしその中で最も安全性が高いもの、それが育毛サプリによる薄毛治療になります。
とは言え育毛サプリにも色々ありますし、サプリによって内容成分も様々です。

サプリによっては軽めの副作用があるものも存在するでしょうが、チャップアップサプリに関しては副作用の心配は要りません。
チャップアップサプリは化学薬品系の成分を使っておらず、無添加健康食品であって全て国内で生産されているサプリになります。

チャップアップサプリのメーカーでないと、過去に副作用の報告が一件も無かったのかまでは分かりませんが、わたしが知る限りではチャップアップサプリの副作用はありません。
内容成分からしてもチャップアップサプリが副作用を引き起こすとは考えられないので、まず安心して使用して問題ないかと思います。

チャップアップサプリ公式サイトはこちら




チャップアップサプリとAGA治療薬の違い


AGAとは男性型脱毛症のことで、薄毛や抜け毛に悩む男性の大半はこの男性型脱毛症にあたります。
AGAを専門に治療する病院をAGAクリニック、薬はAGA治療薬と称されています。

当サイトの管理人であるわたしもそのようなAGAクリニックで勤務した経験があります。
それではAGA治療薬とチャップアップサプリではどのような違いがあるのでしょうか。

先ほどご説明させて頂いたように、チャップアップサプリの主要な有効成分はノコギリヤシエキスになります。
AGAの原因は、5αリダクターゼ(還元酵素)とテストステロン(男性ホルモン)が結び付き、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換します。

このジヒドロテストロンが男性の薄毛を引き起こし、抜け毛を促進させる原因となる物質です。
ノコギリヤシはこの5αリダクターゼの働きを邪魔して、ジヒドロテストロンへと変換するのを防ぐ働きをしてくれます。

それでは、チャップアップサプリに対して医薬品にあたるAGA治療薬とはどのようなものなのでしょう。
AGA治療薬もチャップアップサプリのように様々な有効成分から成りますが、その中でも主要な有効成分にあたるのがフィナステリドやミノキシジルと呼ばれる成分です。

薬によって配合や含まれる成分は様々ですが、世界中にある薄毛用医薬品の中で最もよく使われるのが、フィナステリドとミノキシジルになります。
フィナステリドの働きはチャップアップサプリのノコギリヤシと同じく、5αリダクターゼの働きを阻害することです。

ミノキシジルは血管を拡張させて、血流をよくする働きがあります。
血管の拡張による血行促進は、リアップをはじめとした育毛剤と同じ効能ですね。

この説明を聞く限りでは、わざわざAGAクリニックで高いお金を払わなくても、チャップアップサプリで5αリダクターゼを抑えて、リアップで血行促進すればいいんじゃないの?と考えられます。
しかしAGAクリニックには高いだけの理由はあって、発毛の効果はチャップアップサプリやリアップとは雲泥の差があります。

医薬品であるフィナステリドとチャップアップサプリに含まれるノコギリヤシは同じ働きをするのですが、効果の強さはかなり違ってきます。
薄毛予防や発毛の考え方やメカニズムは同じでも、医薬品か医薬部外品かで効果が大きく違ってくるということです。

単純に効果だけで考えるのであれば、チャップアップサプリがいくら優秀でもやはりAGAクリニックで処方される医薬品には及ばないと考えられます。
しかし薬が強くなるとそれに伴うのがやはり副作用、AGA治療薬にはチャップアップサプリには無い副作用の可能性があります。

初期段階の薄毛や早めの予防なら、効果が弱めで体に害の無いチャップアップサプリ、かなり進行した薄毛ならAGA治療薬という風に、薄毛のレベルに応じて使い分けるようにしましょう。

チャップアップサプリ(生やせ)

更新履歴