発毛と栄養の関係

発毛に必要な栄養とは?

チャップアップサプリをはじめとした育毛サプリメントには、発毛や育毛をするために効果的な様々な栄養が含まれています。
それらの栄養の中には普段の食事から摂取できるものもあれば、サプリなどに頼らないとなかなか摂取できない栄養もあります。

しかし今回は食べ物から摂れる栄養にフォーカスし、髪の毛が新たに発毛するために必要となる栄養について解説していきます。
以下にそれぞれの栄養ごとに紹介していくので、明日の食事からさっそく取り入れるようにしてみてください。


亜鉛



当サイトでは何度もご紹介させてもらっている栄養ですが、髪の毛が新たに発毛するために必要な栄養といったらやはり亜鉛です。
亜鉛は肉や魚から摂れる栄養素であるたんぱく質から、髪の毛の主成分であるケラチンタンパクをつくりだす働きをします。

髪の毛はその99%以上がケラチンタンパクで構成されていますから、ケラチンタンパクの生成機能がスムーズだと髪の毛も発毛しやすくなります。
また亜鉛は、男性の髪の毛が抜け落ちる元凶であるジヒドロテストステロンを抑制する栄養でもあります。

ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンの一種が変化して生成される体内ホルモンですが、髪の毛を抜け落ちる指令を出すことから脱毛ホルモンとも呼ばれています。
このジヒドロテストステロンが通常よりも多く体内にできることで、男性は髪が薄くなったりハゲたりすると言われています。

亜鉛はこのジヒドロテストステロンが増えるのを防ぐ働きをする栄養素であるため、抜け毛を直接防いで新たな発毛を助ける役割があると考えられています。
ではそもそも亜鉛とはどのような栄養なのか?

あまり聞きなれない栄養ですが、亜鉛はミネラル類の一種になります。
ミネラルとは栄養の名前ではなく、亜鉛や鉄分、リンなどの栄養を総称してミネラルと呼びます。

あまり聞きなれない栄養というだけあって、現代人の多くは亜鉛不足であると言われています。
亜鉛不足の最大の理由は、亜鉛を栄養素として含んでいる食べ物が少ないことです。

亜鉛を豊富に含む食べ物というと牡蠣や豚レバー、タラバガニと、普段から気軽に食べることのないものばかりになります。
亜鉛は摂取する機会が極端に少ない栄養であるために、欠乏している人が多いと言われています。

しかし普段足りていない栄養であるからこそ、チャップアップサプリなどの育毛サプリでちゃんと摂取することで、新たな発毛を促すことができると考えられます。



たんぱく質



亜鉛は髪の毛の主成分であるケラチンタンパクを生成するために必要な栄養ですが、そもそもそのケラチンタンパクの元になるのはたんぱく質です。
たんぱく質は消化器官を通じて一旦アミノ酸へと分解されます。
分解されたアミノ酸は毛細血管を通り、毛包へと運ばれます。

そこでアミノ酸からケラチンタンパクへと作り変えられて、新たな毛が発毛するという仕組みです。
つまりたんぱく質は髪の毛そのものであり、発毛させるためには絶対に必要な栄養なのです。

それではたんぱく質はどのような食べ物に含まれている栄養なのでしょう。
よく知られているところなら、やはり肉や魚が考えられます。
肉や魚は日本の食卓でも並ぶことが多いものですから、たんぱく質は亜鉛のように欠乏することの少ない栄養です。

栄養は過剰に摂取すればその分発毛するというわけではなく、一日の必要量を毎日取り続けることが大切です。
よってよほどのベジタリアンでない限りは、発毛のために敢えて意識して摂る必要はない栄養だと思います。



ビタミンE



各種ビタミンは肌や髪の毛を健全に保つ上では欠かすことのできない栄養ですが、中でも発毛に大きく関係してくる栄養と言えばビタミンEです。
ビタミンEには血管を拡張して、血流を促す効果があります。

新たに髪の毛が発毛するためには、毛包に十分な血液と栄養を送り届けることが大切です。
頭皮の血流が悪く血管が詰まったような状態では、毛包に髪の毛の主成分であるたんぱく質すら送り届けることができません。

しっかりと毛包に栄養を送り届け、毛母細胞の細胞分裂を助けるためにも、血行の促進はとても重要です。
CMでおなじみのリアップは日本で唯一の発毛剤と言われています。

厚生労働省が発毛効果を唯一認めているのがリアップになります。
リアップが発毛を助けるメカニズムは、リアップの主成分であるミノキシジルによる血管の拡張です。

ミノキシジルは副作用が強い成分ですが、血管の拡張による血行促進効果が期待できます。
ビタミンEはミノキシジルほどではありませんが、血管を太く強く拡張させることで発毛を促す働きをしてくれます。



ビタミンB6



ビタミンEほどではありませんが、ビタミンB6も発毛するためには欠かすことのできない栄養です。
体内に栄養素として取り込まれたたんぱく質は亜鉛によりケラチンタンパクへと作り変えられ、新しい髪の毛として発毛することになります。

しかし亜鉛はたんぱく質のままでは髪の毛を生成することはできず、一旦小さなアミノ酸に分解してもらう必要があります。
そのアミノ酸への分解という役割を担う栄養がビタミンB6ということになります。

ビタミンB6が欠乏しているとたんぱく質を上手く吸収することができず、結果として発毛しにくい状態になってしまいます。
また、ビタミンB6は発毛に直接関わるだけではなく、頭皮環境を整えてくれる栄養でもあります。

発毛に必要というわけではありませんが、皮脂の分泌が多くて毛穴が詰まっていると、髪の毛は発毛しにくくなります。
しっかりとした強い髪を発毛させるためにも、ビタミンB6は非常に効果的な栄養です。



ビタミンB2



発毛に関わってくるビタミンはもう一つ、新陳代謝を上げる栄養素と言われているビタミンB2です。
新陳代謝とはつまり細胞分裂であり、発毛もまた毛根で行われる細胞分裂の一種です。

代謝がアップして細胞分裂が盛んになると、その分発毛は促されることになります。
ビタミンB2は発毛には欠かせない栄養というわけではありませんが、より発毛を促進させるためには摂っておきたい栄養だと言えます。

またビタミンB2もビタミンB6と同じく、皮脂の分泌量をコントロールして頭皮を清潔に保つのに役立つ栄養です。
皮脂は多くても少なくても発毛するのに良いとは言えませんから、ビタミンB2も不足しないように気をつけておきたい栄養素です。



ビタミンC


美の栄養とも言われることのあるビタミンCは、髪の毛にもやはり影響の大きな栄養の一つです。
ビタミンCは血管を太く丈夫に保つ作用があるので、血流を促し、発毛を助けます。

またビタミンCは抗ストレスホルモンを増加させるので、ストレスを溜めないように働きかけてくれる栄養でもあります。
ストレスは抜け毛の最大の原因と言う研究者もいますから、ビタミンCも発毛するためには必要な栄養です。



まとめ


発毛に必要な栄養、また発毛に影響を及ぼす栄養は以上の6つになります。
しかしそれ以外にもビタミンAやビオチンなど、新しい毛を発毛するのに役立つ栄養はたくさんあります。

1番大切なことはやはり偏った食事はせずに、あらゆる栄養を幅広く摂取することです。
すべての栄養をバランスよく摂ることで、発毛をスムーズに促すことができるでしょう。